上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HEY3の番協(ちなみにKinKiさんの歌収録の方に当選でした)へ行ったことをつらつらと。



※ちょっとですが追記アリ
(あと2人がしゃっべってるところわかる範囲で色分け)




今回、なぜに番協へ行ったのか。
当たる気なんて全然してなかったんです。
だけど伝言板メールがきたときにふと「あ、応募してみたい」って思って相方ちゃんにメール。
いつもなら絶対にバイトが入ってるはずの相方ちゃんもバイトを入れていなくて応募したいと思ったらしい。
あとから聞くとバイトもなんとなく入れちゃいけない気がしたとかで。
こんな偶然が重なったことがもう始まりだったのかも。(大袈裟)


10年以上ファンをやっていても番協は初めて。
(むかーし なまあらし に1回だけ行ったけど…なんか違うしね)
集合場所とかスニーカー厳守なとことかいろいろドキドキしながら行きました。


場所は湾岸スタジオ。そこまで行くゆりかもめが楽しくて~♪
お台場ってやっぱりデートする場所ですよ!どんだけデートしたくなったことか!!


湾岸スタジオには集合時間よりだいぶ早く着きまして。
なぜなら初めての場所は怖いので。余裕を持って行きました。
並んでる人がいたけど、それは集合時間が違う人たちでした。(トークの方なのか??)
その光景を見て、集合場所はここでいいと確信を得て、せっかくなので湾岸スタジオの建物の周りを1周してみました!笑


スニーカー履いてることもあって歩くのが全然苦ではないんすねー。
建物の周りは特に何もないんですが、歩きながらこの中にもういるんだよー!って言いながら歩くだけで楽しくて。
中で メイちゃんの執事 は撮ってないのかってことばっかり考えてました。(なんか違う)
私が「きゃー、中に水嶋ヒロいるかなー?」と言えば
相方ちゃんは「健くんいるかなー?」って返ってきて
とりあえず会話にはなってませんでした。

まぁ、あとから聞いた話によるとこの日は メイちゃん の収録はしてなかったそーで。
ムダな興奮だったわけです。
(湾岸スタジオはだいたいバライティーとか歌番組らすぃー。)

入口みては、ここめちゃイケでよく見るよねーなんて興奮したりして。
1周ぐるっと回ってからは、ベンチで一休み。


このベンチから見えた部屋で大きなテレビが映ってたんですが、どー見てもHEY3が映ってる。
よーくよーく見るとチラチラ映るあの黒い姿はKinKiさんじゃないか!!
きっと撮ってるものが流れていたのかなー?なんて。
KinKiさんとオードリーは確認できたのにKAT-TUNはわからなかったのが屈辱。
(まぁ、まさか一緒だとは思ってなかったしね…)


そんなこんなで、集合時間にもなりまして。整理番号順に並びました。
ちゃんときっちり番号順に並びまして。チケットまで配られてビックリ。(でもいい記念vv)
もろもろのチェックを受けて、いざ中へ。


ホールっていうか広場っていうか何もない広い部屋に入れられて、そこでしばし待機。
お手洗いもちゃんと誘導されながら行くという徹底さ。
1時間以上は待ったのかな?おえらいさんみたいな方のお話も聞いたりして(笑)
あ、この時かな。もう光一さんは次の仕事にいかなきゃいけなくて押してますって言われたはず。
では行きますよーって。
コートも荷物もおいてチケットだけ持ってほぼ手ぶらでGO。


寒い通路(なぜなら倉庫だから)を通ってスタジオの中へ。
この通路を通るときがセットが置いてある中を走ったりしなきゃいけなくて、スニーカーの意味を感じました。
思ってたよりも速く走りましたよ(笑)えぇ、なんでそんなに進むの?!って感じで。笑


スタジオの中に入るとお姉さんの誘導でザーっと並ばされて、青い線から出ないでくださいね~って言われました。
思ったよりセットが小さい、狭い!っていうか



近 い !



気づいてみたら前から3列目っすよ(整理番号は100番の後半だったのに。驚)
セットの上にはスタッフの方が立っていて、カメラの準備やらなんやらとりあえずスタンバイ中って感じ。
剛と光一さんの立つ位置に立ってるスタッフさんを見るだけで、この距離で見れちゃうんすか…!
って驚きでもう声が出ない。むしろスタッフさんを見て「かっこいい…」とつぶやきました。(実際はそんなでもない人と女性でした…幻覚が見えたんですね)
拍手の練習も1回だけしましたー。


で、いつ本人がくるんだというドキドキに襲われる番協のみなさま。
必死に後ろをずっと眺めてました。
(終わってから後ろにあった大きなモニター見ればいいことに気が付きましたorz)
黒い幕がばぁっと開いて、「きゃーーーーー」って声が。
人の合間から2人姿を確認。
だんだん近づいてきて…み・みえたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!



美しすぎる



階段を上ってステージに上がる2人。
今まで生きていた中でこんなにこんなに近くで凝視することができる日がくるなんて。
コンサートだとキラッキラを感じるけど、この日は人間なんだってことをすごい感じて。
キラキラしてるのはしてるんだけど、もろにこの人たちが生きてるんだってことを目の当たりにしてしまった感じ。
(わかりずらくてすんません。汗)


剛さんの目がホントにクリックリで。手の筋がキレイに見えて。
光一さんもちょっとお疲れ気味っぽかったけど、ふわっと笑うのが美ししぎて。
もうわけわからんーーーーーーーーーーーーーー。
ちょっと挨拶的なトークもあり。(なんとなくです↓)


・もう時間が押していてすんません 
・もしかしたら歌うのがちょっとテンポ速めかもしれませんが
 
・えーーーーーーー
・色々あるんすよ…笑 
・うん、色々ね… 
・SHOCKのね、帝劇に行かなきゃいけないんですよ
・まぁ、僕はみょーじょーなのでゆっくりめで歌ってもいいですが… 
・いえーーーーーい(拍手)
・ふっ(笑)みょーじょーはいぇーいなんだ

・今回はサビで半音さがります
・カラオケでは難しいですよ
・まぁ、練習してください(笑)



--------------------


※追記

・難しいから僕らも歌うときにちょっと緊張(?)している
・Mステのリハで歌って席についたらガックンに「光一くん…この曲、難しくない?」って言われた(もちろんモノマネ)
・えっとそんなゆっくりでしたっけ?
思ったより似てませんからね(笑)


剛さんは似てないって言ってたけど、意外と似てた気が。
堂兄でガックンゲストの時もマネしてたけど、もっと似てるように感じました。
それが生で見る恐ろしさってやつですかね(笑)


---------------------




歌。静かに聞いていればいいのでもろガン見。笑
剛さんが歌ってる姿はもう忘れられないです。
あ、光一さんのソロパートのときにちょっとうわずったかなーって思ったら。



剛さんが光一さんをチラってみたーーーーーーーーーーーー(*´Д`*)



そのあとカメラの位置を確認するため(?)上をちょっと見てたのがちょっとかわゆすでした。
目の前で2人が歌ってるということが信じられないくらいで、歌が一瞬にして終ってしまったように感じました。
拍手するのに間があったのでみんな虜になってたはずvv笑
歌い終わると、


「ちょっとチェックしてきますね~」


とチェックへ向かうためにはける2人。階段を降りてまた黒幕の奥へ。
この時間がまたそわそわしちゃう時間。


また戻ってきてくれて、剛さんがなんとジャケットを脱いでいるーーーーーーーー!!!!
あぁ、二の腕までこんな近くで見せていただけるなんて。
(またもやなんとなくです…すいません↓)


・1発OKでした(笑顔がかわいい剛さん)
・ありがとうございます
・みなさん今日は外が大雪の中、ありがとうございます
・そんな中ノースリーブですけどね
・これはあえてです
・あえてですか
・逆にですよ

・他の方はこのあとにもう1曲歌ったりするみたいなんですが…
・歌ってー
・もう時間も押してまして、すみませんが…
・えーーーー
・みなさんを待たせてしまっているんですよ
・まぁ僕はみょーじょーなのでふわっと待たれてる感じです
・ふわっと撮られてちょろっとしゃべってくるだけなんでね(笑)
・また歌が聞きたかったらライブにきてくださいね
・またこういう機会があったらご協力お願いします
・ありがとうございました


剛さんはクリックリのお目目でぐわーっと見まわしてくれて、光一さんもふわーっと笑顔。
剛さんは手を振ってくれるサービスまでしてくれました。もうめっちゃそれがかわいくて!!
笑顔で手を振るって行為がここまで殺人的なのは初めてでした。
そして階段を降りて黒幕の向こうへ。
なんかきゃーって言ってたんですが、ここで早くモニターに気がついていなかったために何かしてくれたがわからずorz


スタジオを出るとは入ったときと同じように走りました(笑)
「こんなに感激で感動してるのに走ることになるとはーーーーーー」って感じで涙を出してる場合じゃありませんでした。
まぁ、相方ちゃんが若干泣いていたので私は大丈夫でしたvv


コートや荷物がおいてあるとこに戻ってきたら即外へ。
帰りはめっちゃ素早かったですー。
出口でHEY3のチャームみたいなものをいただきました。


外へ出るとまた並んでいる方達が。手には水色の封筒が。
あぁ!Y&Jの方たちですね!ってことで。
「雄一によろしく~」と言って列に手を振ったら相方ちゃんに恥ずかしいからやめてと言われたのでした。
でも小声なので手を振ってるバカにしか見えなかったでしょう(笑)


そんな感じで予定されていた時刻より30分も早く終わりました。
光一さんは即効で向かわれたことでしょう、そして剛さんはふわっとみょーじょーへ行かれたことでしょう。
終わった後はもう夢のような時間が信じられなくてぽかーんってなってました。


KinKiの2人が仕事をしてる姿、あんなに近くでしゃべってる姿、歌ってる姿。
そのすべてが夢のようで、夢ではなくて。
この10何年一体何を見てきたんだろうって疑問まで浮かんできてしまって。笑
でもやっぱりこの2人がいっちゃん好きやね!って確信してきました。



ものすごーく濃い時間でした。
本当に素敵な想い出です。約束が2009年想い出の曲になりました。
だいぶ長くなりましたが(余計な話もいっぱいで)以上でーす!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://happylifenatumi.blog53.fc2.com/tb.php/901-61fb6f41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<